沖縄旅行が人気の理由と沖縄の魅力

沖縄

沖縄県は観光地として人気の場所!
どんなところが人気の理由なのか
沖縄の魅力とはなんなのか!
お伝えしていきます
沖縄旅行に行きたくなりますよ!

沖縄旅行が人気の理由は
沖縄の魅力にもつながります

では人気の理由、魅力を探って行きましょう

沖縄の海

なんといっても沖縄といえば綺麗な海ですね!綺麗な海でのんびりと過ごし、ダイビングや釣りなどたくさんの楽しさマリンアクティビティが海にはあります
綺麗な海のある沖縄にはたくさんのビーチや海岸があります

いくつか紹介していきましょう!

万座ビーチ「沖縄本島」

環境省選定の「快水浴場百選」の中でも特選にえらばれるビーチ

所在 沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣2260

アクセス
・バス
那覇空港より 空港リムジンバス 約100分

・車
沖縄道屋嘉ICより 県道88号経由 約10分

古宇利ビーチ「沖縄本島」

恋人の聖地と呼ばれる古宇利島

古宇利大橋のすぐそばにある古宇利ビーチ
古宇利島は別名「恋島」ともよばれ
島の北側にあるティーヌ浜にはハートの形をしたハートロックと呼ばれる岩があります

所在地
沖縄県今帰仁村古宇利

アクセス
沖縄自動車道許田IC 約40分

与那覇前浜ビーチ「宮古島」

約7kmもつづく砂浜があり絶景と人気の海
砂浜は裸足になっても大丈夫なほどサラサラとしており管理がしっかりされています
比較的穏やかな海なのでマリンスポーツが盛ん

所在地
沖縄県宮古島市下地町前浜

アクセス
宮古空港より 車 約17分

ニシ浜「波照間島」

日本最南端の島「波照間島」にあるニシ浜
ハテルマブルーと称され真っ白な浜が人気の絶景のビーチ

所在地
沖縄県八重山郡竹富町波照間

アクセス
・車
波照間港より 約5分


沖縄にはまだまだたくさんの綺麗な海があります
沖縄旅行が人気の理由、魅力に欠かせない「海」
マリンアクティビティを楽しみながら絶景を見ながら、のんびりと過ごせます!楽しみがつまった沖縄の海には魅力がいっぱいと人気の理由がわかりますね!

楽しめるマリンアクティビティ

沖縄の海で楽しむマリンアクティビティは

・ダイビング
・サーフィン
・バナナボート
・マリンウォーク
・ジェットスキー
・パラセーリング
・ホバーボート
・シュノーケリング などなど

一日では足らないほどのマリンアクティビティがあります
体験ツアーが多く組まれているので様々な体験ができ、沖縄の海を満喫できると思います!

沖縄の自然

沖縄には大自然がたくさんあります
大自然を感じて癒やされるスポットをいくつか紹介していきます

サンゴ礁

上記でも書いた「海」、海中には綺麗なサンゴ礁が広がっています
自然に作られたサンゴの間をカラフルな魚が泳ぎまわります
沖縄の海には約200種類のサンゴが生息しており
サンゴが生息しやすい環境として透明度が高く暖流の黒潮が沖縄の海にはあります
サンゴ礁は海の中に幻想的で神秘的な絶景を見せてくれます

マングローブ

日本最大級のマングローブ林が沖縄の西表島にあります
マングローブは沖縄本島にもありカヤックでのツアーがあり自然を楽しむことができます

マングローブだけではなくその他の植物もたくさん生息しており発見や感動とともに癒やされることだと思います
普段では体験出来ないことが沖縄にはたくさんありますね

沖縄の気候

癒やしのスポットではありませんが沖縄の自然が楽しめるのも沖縄の気候があるから そんな沖縄の気候を紹介します

沖縄は他の県と比べて温度差が小さく年間を通して温暖な気候です
気候区分でいうと、亜熱帯気候とされています

亜熱帯気候とは
熱帯地域のように蒸し暑い夏と比較的温和な冬季が特徴
まさに沖縄がそうなんですね

年間の平均気温は20度以上はあり年間通して過ごしやすい気候です

海開きの期間 海開きは3月末から10月中旬まで
沖縄の海を長く楽しめるのも温暖な気候があるからですね


温かい気候の中、海と自然を満喫し日常や時間を忘れのんびり過ごすことの出来る沖縄
人気な理由がさらにわかりますね!

沖縄料理

今では都内にも沖縄料理屋はたくさんあり認知度は高いと思いますが、沖縄の料理は独特な料理が多く感じることはないでしょうか

代表的な料理で

・沖縄そば
・ゴーヤチャンプルー
・タコライス
・サーターアンダギー

などまだまだたくさんありますが挙げてみました

沖縄料理は方言が使われることがあります
「チャンプルー」は「混ぜる」
「サーターアンダギー」は「砂糖・油・揚げ」
とこのように方言由来の料理が独特と思う理由の一つかもしれません

沖縄料理は沖縄の気候に深い関係があります

上で説明したように年間を通して温暖な気候の為
保存の効く調理方法、加熱調理を多く取り入れています

中国・アメリカの影響

琉球王朝時代は中国、戦後はアメリカの影響を受け、独自に発展した食文化だといわれています

沖縄好きの方なら知っていると思いますがアメリカの影響で

・タコライス
・ポーク

などが作られました

チャンプルーによく使われるポークはアメリカ由来です
こういった異文化交流から生まれる料理が現在の沖縄料理としてお店で提供され独特な料理が出来上がっていると思います

豚肉

豚肉が沖縄料理には欠かせないものとして使われます

・ラフテー
・テビチ
・ソーキ
・ちんすこう(脂を使用)

などなど

沖縄では豚肉の消費量が本土に比べ1.4倍以上と食卓には欠かせない食材です

こんな言葉があります

鳴き声以外は食べる!

というほど手間ひまをかけ工夫し、おいしい豚肉料理を作っているんですね

沖縄そば

ご当地グルメの代表である沖縄そば
沖縄県内にはたくさんのそば屋さんがあります
旅行では誰もが立ち寄り食べる料理の一つかもしれません

地方によって〇〇そばと名称しています
基本的な作り方は変わらないようですが麺の配合、麺の太さ
出汁の割合で唯一無二の沖縄そばを作り観光客を楽しませています

ドライブをしながら好みのそばを探す!隠れた名店を探す!

沖縄そば屋の数が多いので是非旅行に行った際はスケジュールのひとつとして「沖縄そば巡り」をしてみて下さい


宮廷料理から大衆料理まで沖縄の食文化は多彩な面をもち観光客を楽しませています
沖縄が人気の理由や魅力のひとつ沖縄料理を紹介しました!

伝統芸能・伝統工芸

沖縄の伝統芸能で有名なもので
・エイサー
・沖縄民謡

伝統工芸は
・紅型
・琉球ガラス
などがあります

エイサー・沖縄民謡

エイサーは本土の盆踊りにあたる沖縄の伝統芸能で
地域を大太鼓、締太鼓や手踊りで練り歩きます

沖縄民謡は三線や箏、胡弓など、独特の伝統楽器を使い音を奏でます
12世紀~15世紀頃に行われていた儀式が起源とされ三線の元となる楽器が中国から入り琉球王朝時代から続く伝統的な音楽として伝わっています


今では全国で沖縄の美味しいもの、沖縄の伝統芸能を楽しむといった
「沖縄イベント」が開催されていますが
イベントは日程や場所、時間が決められています

沖縄では食事をしながらエイサーや沖縄民謡を見たり聞けたりする飲食店が数多くあります その土地の文化に触れることは旅行の醍醐味ですね
大迫力のエイサーを楽しんで下さい!

紅型・琉球ガラス

沖縄の伝統工芸品で有名な紅型・琉球ガラス

紅型は「びんがた」と読みます
顔料や染料で染める型染めのこと

琉球王国時代から用いられている伝統工芸品です
今では沖縄居酒屋やお土産屋さんでよく見かけるようになりました

琉球ガラスとは
戦後、米軍施設で消費されたジュースやお酒の空き瓶を溶かして原料とし、様々な色付きガラス製品を造ったのがはじまりと言われています
生産工程で混入する気泡が独特な味わいを出しています

紅型や琉球ガラスはお土産屋で販売しており手軽に買うことが出来ます
沖縄ならではのお土産になりますのでぜひ手にとってみてください

紅型の染め体験、琉球ガラス作り体験が出来ます
沖縄旅行の思い出に残る体験をしてみてください


ここまで沖縄旅行が人気の理由、沖縄の魅力を紹介してきました
まだまだたくさんの魅力がつまった沖縄ですが紹介した4つは人気の理由の上位にもなります
また魅力については記事にしていこうと思います

沖縄旅行でいつもとは違うルートでスケジュールを組むと新しい発見や感動が待っているはずです
沖縄を満喫していい思い出を作ってみてください

タイトルとURLをコピーしました